業務と費用について

軽食altpage

税理士とは、税理士法に定める国家資格を持った税務のスペシャリストであり、独立した公正な立場から申告納税制度をサポートして納税義務を実現する役割を持っています。主に税務の代行や申告書類の作成、税務の相談を基本的な業務としています。 また行政書士の業務全般や、社会保険労務士の一部の業務だけでなく、会計参与として株式会社の経営に参画し、計算書類作成の責任者として活躍することも可能です。最近では、個人の税理士事務所から複数人で税理士法人を設立して大規模案件に取り組む組織も増えてきました。 費用の平均的な相場は、価格競争やIT技術の向上によって変化が激しくなっていて、税理士法に定められた日本税理士会連合会で全国一斉の実態調査が実施されています。

費用は、従来は税理士法に定められた報酬規定で全国一律でしたが、現在は廃止されて自由に価格を決められるようになりました。最近では業界内の価格競争が進んで来ていて、初期の無料相談や相続税の計算シミュレーションの無料サービスを実施している所も出てきています。 平均として顧問料の月額は個人で年間2万、法人は3万となっており、決算の費用は個人で5万、法人は20万という所が多くなっています。一般的に売上が多くなると納税金額が多くなり業務が煩雑になるので、報酬もそれに応じて多くなっています。 最近では価格競争が進んできた為、税理士費用の内容をわかりやすくする為、業務内容や売上規模、訪問回数に応じて、基本料金とオプション料金を細かく分けて開示する事務所も増えています。ぜひ一度訪問してみてはいかがでしょうか。

笑っている税理士