タダで相談が可能です

計算機とレシート

現在の私達の日常において生活する上でお金が必要です。国家にとってもお金が必要であるため、国民は各種の納税を行っています。税理士とは税務全般に関する専門家として、納税を行う際に法令の規定に則り公正で適正な納税を実現を図ることを目指します。 しかし、税理士に依頼すれば当然相応の費用を支払う必要があります。そのため、サラリーマンは勿論、確定申告が必要な個人事業主の場合でも税金の申告に税理士を依頼する人はそれほど多くありません。特に事業利益が少なかったり赤字であれば依頼しても節税効果が期待できず、むしろ税理士の依頼料が負担になるために利用を控えがちです。しかし、大抵の地方自治体では定期的に税理士の無料相談サービスを実施していて、タダで相談ができます。

税理士への依頼報酬は高額であるというイメージがあります。そのため、確定申告においても無料相談会を利用して自分で記載して提出したり、商工会議所等の相談会で記載してもらう人が多く、実際に依頼した際の税理士費用はあまり知らない人が多いかもしれません。 実は税理士に対する報酬基準として最も一般的に用いられているのは依頼事業者の事業売上です。売上額が大きい程確認項目が増加するため作業が多くなります。また、売上額の大きさは納税額の増加につながりその分税理士の責任も重くなります。確定申告の場合、売上高の1〜3%程度が標準的な報酬金額になりますが、依頼先の人員や設備等次第では同じ売上高でも同じ依頼料と言う訳ではないので事前に確認することが大切です。

笑っている税理士