税理士の得意分野

ハンマー

相続税の申告や納付義務のサポートは税理士の役目です。 通常、その士業を担っている事務所や人は、それぞれにネットワークを持っており、弁護士事務所に相談することで税理士事務所を紹介してもらえることもあるでしょう。税理士事務所から司法書士や不動産鑑定士を紹介してもらえることもあるでしょう。 基本的には、ひとつの事務所に依頼すれば、その事務所を通じて、必要に応じた専門家に適宜対応してもらうことが可能です。 ただし、税理士にも税金の専門家ではあっても法人税を得意としている方や不動産関係の税務に詳しい方など多種多様です。経営コンサルタント業務に特定している税理士も存在するなど特定分野に特化しているのが特徴です。

例えば相続に明るくない専門家ですと、必要以上に安全運転で行こうとするあまり、土地や株式の評価を高めに評価して、相続税を過大に算出してしまうであろうから、その結果として相続人が税金を払いしぎてしまう恐れもあります。 とはいえ、それまで税理士との付き合いがない方が、相続税に詳しい税理士を探すのは容易ではないでしょう。 ですので、税理士のホームページで、相続についてどんな扱いをしているかを確認することはかかせないのです。直接会って話す機会があるのであれば、どれだけ相続を手掛けてきたのかなどの実績を聞いてみるのもひとつの手段です。 税理士を選ぶときには、友人や医者選びと同じで、多少時間がかかっても、信頼できる方を選ぶべきです。 もちろん依頼料等はありますが、実績のある方ほど高額であるから、そこを敢えて選択するというのも良いでしょう。

笑っている税理士